大阪の優良葬儀社.net

TOP > コラム > 葬式の費用は香典だけではまかなえない

葬式の費用は香典だけではまかなえない

葬式にかかる費用の全てを香典でまかなえれば遺族としてはありがたいでしょう。
しかし、香典だけでまかなえることは非常に少ないです。
実際は、相続財産から支払われることが珍しくありません。
税金的に問題がないのかと不安になる人もいますが、問題ないです。
相続人同士で葬式の費用を均等に負担する場合、後日それぞれの相続財産から葬儀費用を控除してもOKです。
相続税を計算するとき、葬儀費用を差し引いて計算することができると言うことを分かっておきましょう。
ただ、葬儀費用の領収書は相続税の申告の際に必要になります。
なくさないようにしなければいけません。
また、葬儀費用は相続税の申告をしてから払うわけではないです。
まずは、喪主が立て替えなければいけません。
立て替えが難しい場合は、故人の預貯金から捻出すると言う方法があります。



葬式後の一大イベントと言われているのが

葬式後、全ての支払いやあいさつ回りが済んだからと言って、やることがなくなったわけではありません。
まだまだやることは残っています。
葬式後の一大イベントと言われているのが、形見分けです。
忌明けまでに終わらせなければいけません。
形見分けに関しては、故人の遺言があればそれに従えばいいでしょう。
しかし、遺言状はあっても形見分けのことに関しては書かれていないことが多いです。
遺言状すらない場合も少なくありません。
その場合は、遺族が決めなくてはいけません。
みんなで話し合いましょう。
また、形見分けの基礎知識も頭に入れておきたいです。
事前に相手に受け取る意思があるか確認しなくてはいけません。
そして、包装せずに手渡すのがマナーです。
また、目上の人には先方が希望しない限り形見分けはしません。
これは覚えておきたいです。



葬式後に行う形見分けのマナーを知っておこう

葬式後に行う習わしのようなものに形見分けがあります。
これには色々なマナーがあるので、適当に行うわけにはいきません。
まず、形見分けをいつやるかですが、厳密に決められているわけではないです。
しかし、仏式の葬式をしたい場合は、四十九日までに済ませるのが一般的とされています。
神式の場合は、五十日祭の忌明けまでに済ませましょう。
遺品の仕分け方ですが、故人の親戚や友人に形見分けをするだけしか方法がないわけではありません。
故人が大切に保管していたものは、しばらくの間遺族が処分せずにとっておくことです。
また、処分するものもあるでしょうし、寄付しても構いません。
返却しなければいけないものも出てくるでしょう。
そう言うものは、すぐに返却することです。
ちなみに、形見分けの品が高額な場合、贈与税が発生することもあります。

次の記事へ

カテゴリー