大阪の優良葬儀社.net

TOP > コラム > 葬式の種類は時代と共に需要も変わる

葬式の種類は時代と共に需要も変わる

最近では、一般的な形式にこだわらず、自分達らしい葬儀をしたいと考える人が増えています。 また、亡くなった故人らしい葬儀をしてあげたい、と考え、生前に親しんだものを飾ったりしてしのぶ場として葬式を捉える方も増えています。
 特別変わったことをしたいというわけではなくても、どんな種類があるのか、予め自分の予備知識として得ておくと、いざという場面に直面した時に、打ち合わせをする際にも、自分達の希望や意向を伝えやすいでしょう。


 まず、最近の傾向として費用をあまりかけず、最低限にする傾向が見られるようになってきました。
 無駄を省き合理的にする考え方が主流となりつつあり、それによってかつての一般的なスタイルから家族葬や密葬と言ったスタイルのものを選ぶ方も増えているのが現状です。
 一般的というのは葬儀式、お通夜、告別式など宗教儀礼によって執り行われます。遺族や友人・知人などが故人を偲び参列します。
 祭壇の飾りつけや、流す音楽に工夫をしたり、ビデオや記念コーナーを設置するなどして、個性を表現した形でお葬式を行うことはできます。
 しかし、あわただしさがあり、ゆっくりとお別れが出来ないという観点から、家族葬、密葬が好まれるようになっています。
 故人と過ごす最後の時間を大切にしたいという遺族によって行われます。ごく親しい人だけで行います。なので周囲を気にする必要もさほどなく、じっくりと故人とお別れをすることができます。
 また、家族葬を親しい人だけで行った後に、改めて一般の参列者を招いてお葬式を行う密葬という形をとる場合もあります。


 そして最近では一日葬といって、通夜を行わずに、葬儀と告別式のみを一日で行う方法もあります。これは親族を中心に、故人と関係の深かった方々で送ります。
 日数が少ないことにより、身体に負担が大きかった高齢者の方には特に負担が軽くなり、楽になります。高齢化が進み、亡くなるほうもですが、送る側も高齢化しているのが現状ですので、このスタイルは需要が伸びていくでしょう。
 もっとシンプルな形にしたいならば直葬というスタイルもあります。法的な義務はありませんので、葬儀をせず、火葬を直接行います。
 亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬(埋葬)許可証の取得、そして火葬を行うという手順になります。
 この場合、身内だけで火葬を行いますが、火葬時に僧侶にお経をあげていただくこともできます。経済的に葬儀を行う余裕がない方にとっても、残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義のある方法です。
 それぞれに特徴がありますが、シンプルにすれば、メリットだけでなくデメリットもあります。葬儀に参加してお別れをしたかった親族や知人への対応には注意しておく必要があります。

次の記事へ

カテゴリー