大阪の優良葬儀社.net

TOP > コラム > 葬式に参列された方のお香典に対してのお返し

葬式に参列された方のお香典に対してのお返し

 香典返しは葬式に参列したときにお香典に対しての報告とお礼を兼ねて半返しをする品物のことです。
香典の半額程度の品物を返礼する半返しという慣習はもともと忌明けのときに葬儀を手伝ってくれた地域の人達に餅や饅頭、食事を振る舞っていたことからできた慣習です。
戦後葬儀の形が合理化されるようになり、軽く、保存ができ、返品可、後に残らない品物が好まれるようになり、タオルなどの繊維製品や日本茶が好まれるようになりました。
特にお茶は全国的に使われる香典返しで、さまざまな人にお渡しする事ができ、幅広い価格帯などの理由や茶飲み友達という言葉から親しい間柄を表す品物ということから利用されています。
香典返しのお茶は美味しくないと敬遠する人やお茶離れから香典返しにお茶以外のアイテムを選ぶ人も増えています。
軽量、小分け、簡単というアイテムを選ぶ傾向があり、使い勝手を重視したアイテムが選ばれています。
個別包装や使い切り包装されているものに注目されています。



 お葬式を安心して執り行うためには業者選びが大切

故人や遺族の希望をしっかり叶えてくれる納得のお葬式を執り行うためには、業者さん選びが大切です。
安心してお任せできる業者さんかどうかによって、満足のお葬式が実現するかどうかが決定しますので、後悔しない葬儀を執り行うためにも業者選びをしっかり行うことが大切です。
たとえば、複数の業者さんに見積りを出してもらいましょう。
多くの業者さんは無料で対応してくれます。
自分の希望をしっかり伝えたうえで、どのくらいの費用がかかるのかはとても重要なことですし、より安く執り行うことができれば、経済的にも負担を減少することができます。
もちろん、安いからと言って良いということでもありません。
その詳細に要望がしっかり入っているかどうかを確認する必要があります。
また、24時間いつでも相談に対応してくれるかどうかも業者さん選びで大切な要素になります。
ただ、どうしても決められない場合は、インターネットの口コミなどを参考にしてみるのも良い方法です。
サービス内容やスタッフの対応など、実際に利用した人の感想なので役立ちます。
上手に活用しましょう。



 葬式に参列するときは服装に気をつけよう

身近な人や交流があった人が急に亡くなると、お葬式に参列することもあるでしょう。
相手の年齢に関係無く突然別れがくるので、準備で慌てる人もいるかもしれません。
普段から準備している人は少ないため、どの服装にするか悩む人もいるでしょう。
一般的な服装としては、比較的暗めのものが多いです。
黒色のもので揃えるといいかもしれません。
また、黒色以外にも、グレーや濃い紺もいいでしょう。
参列するときは急に決まるので、十分な準備ができないかもしれませんが、基本的なことを抑えておけば問題ありません。
交流があった人だからこそ、最後の別れもしっかりとしたものにしてください。
お葬式にはさまざまな人が参列するので、相応しい服装にするといいでしょう。
どうしても服装が準備ができない場合は、人に借りることも検討するといいかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー