大阪の優良葬儀社.net

TOP > コラム > 時代の変化と共に変わりゆく葬式のスタイル

時代の変化と共に変わりゆく葬式のスタイル

時代の変化と共に葬式のスタイルも変わりつつあります。
特に少し前まではなかった家族葬が、最近では急増しています。ここでは家族葬の基礎知識をご案内致します。特徴は、身内中心の葬儀であり、町内、一般の方々或いは友人、知人には知らせず、家族や親族だけの少人数で通夜・葬儀を行うやりかたです。そのため、参列者への気遣いに追われることがないため、精神的・体力的に負担が軽くなります。家族だけで故人を偲ぶゆったりとした時間をもつことができます。また、一般の方へおもてなしの必要がないので、受付や会葬返礼品を準備する必要がありません。
家族葬は家族のみが参列するので、参列者の人数を事前に把握しやすくなります。しかしながら、身内以外に角が立たないようどの様に報告するのかも、今後の人付き合いを考慮する上で大切なポイントとなります。最近では家族葬を扱う葬儀会社も増えているので、予め相談してみると良いでしょう。


家族葬という葬式スタイルの特徴

家族葬は遺族や知人などの正真正銘親しい関係者だけでの少ない人数で実施する葬式ですから、高品質な祭壇また、会葬者に対しての香典返し並びに食事など大きい額面の負担がないことから、安い金額で可能となります。また、参列者は、近親者だけですから、多数の会葬者に対応する必要がないので精神と身体の負担があまりなく、故人を偲ぶ落ち着きのある時間を持つことが実現可能です。 それから、家族葬は、準備や参列者も身内が大部分をしめるため、弔問客に関する対処があまり無くなります。
身内のみですから、気を使うことなく、葬儀の全般的な労力が少なくなります。親族の中には、葬式と言ったらどこにでもあるような葬儀を想定している人もいることでしょう。そのため、家族葬に対する理解を持つことができるかどうかが大事になってきます。家族葬のアピールポイントと、故人の考えだったと伝えれば、理解してくれるでしょう。


葬式は気軽に業者の人にお願い出来ます

一緒に生活をしている家族に万が一のことが発生したら、すぐに葬儀を行う必要がありますが、慣れていない場合どうしたら良いかわからず戸惑ってしまいがちです。
アドバイスを貰える人が近くにいれば特に問題ないですが、そうでない場合には専門の業者に相談をするという方法があります。
電話帳などを開いて試しに探してみれば、葬儀関連のサービスを提供している業者をすぐに見つけることが出来ます。
そしてそちらに問い合わせをして、お葬式を行いたいと告げればすぐにスタッフの人が対応してくれます。
業者の人は手馴れていますので、信じられないぐらいスピーディーに手続きを行ってくれ待たされることがほとんどないですし、また正式に依頼をしてお葬式が始まってからも、いろいろと積極的に動いてくれますのでとても頼りになります。
気になる料金もそれほど高くないので安心です。

次の記事へ

カテゴリー