大阪の優良葬儀社.net

TOP > コラム > お葬式の窓口は専門業者から他業種まで

お葬式の窓口は専門業者から他業種まで

 お葬式を取り扱うのは専門業者のほかにもさまざまな団体があります。いわゆる専門業者は地元密着型の中小企業から全国展開する大企業までさまざまです。地元の葬儀社であれば、地域の事情や慣習に精通しているので遺族が安心して任せられる利点があります。ただし、古くから営業しているところの場合、新しいお葬式への対応力がやや弱い面があるので注意が必要です。
 一方、大企業の場合、地域の事情に疎いなど弱みがありますが、プランが充実していて新しいお葬式へも対応してくれる業者が増えています。とくに許認可が必要な業界ではないため、参入する他業種も多く、良心的な業者かどうかきちんと見極めることが大切です。専門業者以外には互助会があり、満期前に死亡しても不足した分を支払えば利用可能で、仏事以外の儀式でも利用ができます。また、故人が組合員でなくても生活協同組合の組合員の家族がいれば利用できるものもあり、料金体系がわかりやすく安価にサービスが受けられる特徴があります。


 お葬式はどこの業者に依頼するか

 短い時間でお葬式をどこに依頼するのかを決めなければならないことが多く、葬儀社を選ぶときのポイントぐらいは頭に入れておくことが大事です。お葬式のやり方は地域によって様々です。地域独自の慣習があるところなどは特に、無視することで遺族の印象が悪くなることがあるので、地域情報に通じている葬儀社を選ぶようにします。また、許認可や届け出が不必要な業界であるからこそ、長く営業していてできるだけ評判の良い業者を選ぶことが大事です。そして、見積もりの明細が記載されていて、それぞれにわかりやすく内容を教えてくれるか、予算に応じたプランを立ててくれるかを見極めます。
 加えて、仏教だけでなく神道やキリスト教など宗教や宗派によって儀式やしきたりは異なりますから、それに精通した葬儀社を選ぶようにします。さらに、業界団体に加盟していたり、葬祭ディレクターのいる業者は信頼度も高いです。


 お葬式の打ち合わせの際のポイント

 お葬式の打ち合わせを業者とするときには、相場はいくらなのか、おまかせしますという言葉を口にしたり、不用意に3つのランクの真ん中の価格帯を選んだりするのは禁物です。また、不要なものを断る姿勢も大切です。さらに、短い時間で打ち合わせを済ませていかないといけないため、一人では正確な判断ができない場合もあります。相手のペースにはまらないように、お葬式の経験のある親族など第三者に立ち会ってもら事も大事です。
 そして、形式や規模、どんなお葬式にしたいのかなどは、あらかじめ家族で話し合っておき、身内から後に不満が出ないようにしておきます。加えて故人の遺志がある場合にはその旨を葬儀社に伝え実現できるかどうかの確認が必要です。日程については菩提寺や式場・火葬場の都合が優先されるのが実情ですが、遠方の親戚などの到着時間も配慮し、式場は交通のアクセスも考慮して決めていきます。

次の記事へ

カテゴリー