誰が利用するのか健康診断代行サービス

事業者は、労働者に健康診断を受けさせるよう義務付けられています。また労働者は健康診断を受けなければならないと定められています。健康診断を受けるためには、受診日の調整や受診内容の決定などがまず必要です。年齢や性別、資格内容などによって受診内容が異なる場合があります。多くの労働者を抱える事業者では、その煩雑さから受診率が低かったり、管理が行き届かなかったりと様々な問題が生じてしまいます。そこでこうした問題を解決するために一役かっているのが、健康診断の代行サービスです。代行業者が事業者と業務委託契約を結ぶことで、健診機関の選定や受診内容の設定、予約や受診状況の把握など健康診断に関する一切を任せることが可能です。健康診断代行サービスは、事業者のためにも労働者のためにもなっているのです。

健康診断代行サービスの使い方とは

健康診断代行サービスの流れの一例を説明します。代行業者は提携している全国の健診機関から、受診者にとって利便性の高い健診機関を選定し、契約を締結します。代行業者は健診のための専用サイトを有しており、サイト上で日時の予約や健診内容の決定などを行うことが可能です。受診者はサイトにアクセスし、専用のIDとパスワードでログインします。受診希望日を設定するだけで、代行業者が健診機関との調整を担当してくれます。大変面倒な日時の予約や変更などを代行業者に任せることができます。その後、健診に必要な問診票の記入もサイト上で行います・また管理者である事業者も予約システム上で受診者の予約状況や受診状況をいつでも確認することが可能です。そして健診費用の支払いも代行業者を通じて一括で支払うことができます。

使える便利な健康診断代行サービスの機能

健康診断代行業者によって、受診者の個人情報が一括管理されています。そのため、健診時に必要な資格内容の確認も簡単にできます。未予約や未受診の場合は、メールによる催促や確認に対応している代行業者もあります。健診後は、サイト上で健診結果を見ることができます。健康増進や病を防ぐためのアドバイスが添えられていることもあります。また経年管理をすることで自身の健康管理に長期的に役立てることが可能です。管理者にとっては労基署に提出するための集計機能が備わっている場合もあり、多くの労働者を抱える事業者には大変便利です。導入の初期費用や代行費用は必要となりますが、労働者の健康と安全を守ることは事業者にとって必須なことなので、受診率の向上のためにもぜひとも導入を検討したいサービスと言えます。