健康診断代行サービス活用のコツ

健康診断の代行サービスを上手に利用すれば、大変だった健診に関わる作業や、従業員の健康管理が大きく改善されます。代行サービスを行っている会社も多くあるため、それぞれの会社ではどのようなサービスを受けられるのか、自社ではどの作業に負担がかかっているのかなどを把握し、依頼すると効果も大きくなります。例えば、従業員が一か所にいない場合、各地で健診を行えるといっても、提携健診機関もサービスを行う会社により様々です。また、自社の作業内容により、健診内容を選択したいということもあるでしょう。そのような場合は健診コースの設定が可能な会社に依頼することにより、さらに充実した健診にすることができます。問い合わせや資料請求を行い、各社比較して自社に見合ったサービスを見つけましょう。

代行サービスの利用で受診率の向上を

健康診断を受けようにも、場所や業務の都合などにより受診の調整を行うのは大変だと思います。結局都合がつかず、受診できなかったなどということもあるのではないでしょうか。代行サービスを利用することにより、受診率の向上が図れます。代行サービスでは提携健診機関を全国にもっているため、各地で受診することができます。巡回型健診を行っているサービスもありますので、自社にあったサービスを選択することで、受診する機会を増やすことができ、受診率の向上につながります。また、予約システムを使用することにより、担当者は予約状況を把握することができるようになります。未予約、未受信の従業員に対しては受診の督促等も行え、受診率向上につなげることができます。予約も利用者が直接行うため、担当者の負担削減にもなります。

健診結果をデータ化し、健康増進に役立てよう

健康診断の代行サービスには、健診の結果をデータ化し、健康管理が行いやすくなるものもあります。健診の結果は受診した機関により判定基準もまちまちで、そのままでは管理できません。多くの代行サービスでは、データ化する際に判定区分等を統一するなど、管理しやすい形にしていますので、検査値や判定結果を条件に特定の人を抽出し、対象者には健康指導を行うなどの、健康増進施策を行うにも役立ちます。メタボ対策やメンタルヘルスチェックなど、施策そのものを支援するようなサービスが用意されている場合もありますので、必要であれば会社を選択する際にチェックしておくと良いでしょう。受信者本人が自身の結果を閲覧することのできるサービスも存在しますので、そのようなサービスがある場合は、過去のデータと比較するなど、各人の意識向上にもつながります。