健康診断代行サービスの詳しい使い方

長時間労働を見直すことが働き方改革の最重要項目となっていることからも分かるように、企業にとって従業員が心身ともに健康で働いていける環境作りはとても大切な課題です。過労死や心の病だけでなく、生活習慣病やがんなど、早期発見が何より大切になってくる病気がたくさんあります。従業員には健康な心身を維持してもらい、病気があれば早期に発見して治療に移れるような体制を整えて、長く元気に働いてもらいたいと考えています。このように、企業にとって健康管理は欠かせません。しかし、従業員側も同じ想いかは分かりません。ついつい健康診断を受診しなかったり、健康診断の担当社員も予約や補助金の業務が面倒だと思っているかもしれません。結局、健康診断の受診率が上がらない、健康診断業務の手間は増えていくなんてことになっていませんか。そんな企業の方に健康診断の代行をおすすめします。

健康診断の代行サービスの便利な機能

健康診断の代行サービスとは、どのようなものなのでしょうか。これは、検診にかかわるさまざまな業務全般をアウトソーシングするものと考えると分かりやすいです。企業や組合に代わって、検診の予約や支払い、検診結果の回収、さらには検診結果の管理やデータ集計といったたいへん手間のかかる業務を一括で代行してくれるサービスです。例えば、検診機関の有無ではどうしても都心と地方で格差があります。そのような悩みには、全国の事業所に検診車を派遣したり、住まいから便利な検診機関で受診できるようなネットワークが整備されています。他にも統一された問診票で長期にわたって簡単に結果が比較できるような仕組みがあったり、従業員まかせになっていてなかなか手の回らない受診率向上の対策もきめ細かく代行してくれたりるすサービスがあります。

健康診断の代行サービス導入をおすすめしたい組織

特に、健康診断の代行サービスを検討してほしい組織があります。検診の受診率が低いことを労働基準監督署に指摘されて困っている、従業員のメンタルケアやヘルスケアに高い意識で望みたいと考えている、検診の事務負担が大きくて担当者が本来の業務が行えなくて困っている、検診結果のデータ化だけ外部委託してすでに多額の費用が発生している、このような企業や組合には、ぜひ一度健康診断の代行サービス導入をイメージしてみることをおすすめします。まずは、現状の問題点を洗い出し、コストと比較して導入後に解決できる課題は何かチェックしてみましょう。従業員の健康は、企業の未来です。時代の流れからしてももう後回しはできません。必要な投資として健康診断の代行サービスを検討してみるのもひとつの策になってくると感じていただけるはずです。