今注目のオススメサービスである健康診断代行サービス

健康診断の代行には健康診断の実施において関わってくる業務の効率化を図ることで、受診者を管理者の利便性の向上が期待できます。受診者の健診結果をデータとして一元管理をしてくれるので、企業側も社員の健康状態を把握しやすくなります。通常、企業の担当部署を通して受診予約を取っていますが、サービスを導入することで予約方法の幅が広がり、手軽に予約が取れるようになるため受診率の向上にもつながります。健康診断の代行サービスを提供している会社は近年増えており、それぞれサービス内容も特徴があります。ヘルスケア管理の課題に適したサービスを受けられれば業務負担も減らせ効果的な問題解決となります。そして細かなデータ管理は従業員の健康意識にも影響を与え、企業としても大きな損失を防ぐことができます。

健康診断の代行の主なサービスについて

健康診断の代行サービス内容は健診案内、予約受付、手配、受診状況管理および未受診者への督促、健診結果回収、精算、健診結果のデータベース化など多岐にわたってサポートをしてくれます。健診結果によっては、相談窓口も設けられています。これは産業医や保健師のコスト削減も期待できます。受診予約においては、今まで担当部署を介していましたが、パソコンやスマートフォン、タブレットなど自分でとることができ、また予約の変更も簡単に行うことができます。この手軽さは利用者にとって大きなメリットになります。もちろん、オプション検診も一緒に予約が可能なので、プライバシーも守られます。また、全国に事業所がある場合は近隣の提携病院、海外派遣予定者にはそれ準じた健診内容で予約を取ることも可能です。

より良い会社作りのために代行サービスを利用してみよう

社員の労働力は会社の財産とも言えます。健康状態は可視化が難しく、産業医への相談をする人も少ないと思います。この健康診断の代行サービスはそれらの課題を一挙に解決に導いてくれるサービスとも言えます。健康リテラシーの向上は疾病予防にもつながりますし、会社と全体として取り組むきっかけにもなります。近年はストレスも社会問題となっていますので、メンタルヘルスのサポートも大きな意味を成してくると思います。健康診断の予約や管理は担当部署や担当者に限られ、その業務は大きな労力となっていたように、代行サービスは業務軽減の手助けとなるでしょう。サポート導入において、費用や従業員数など会社で異なりますので、課題点を明確にして必要なサポートを受けることは、会社としてもプラスになると思います。導入するにあたって見積もりも取れますので、導入をお考えでしたら見積もりをとることをお勧めいたします。