健康診断の手軽な代行サービス活用術

企業を支える従業員の健康づくりのサポートは、福利厚生のひとつとして非常に需要な役割のひとつでもあります。支社や営業所が全国に点在している企業にとって、全従業員の健康管理を統一した内容でおこなう事は、なかなか至難の業です。受診する医療機関が異なると、健診結果の判定基準が違ったりする場合がありますので、同じ数値の結果が出たとしても「A病院で健診したAさんは異常なし」「B病院で健診したBさんは要経過観察」となれば、健康診断に基づいた健康指導等を的確におこなえるか疑問です。健康診断代行サービスを利用すれば結果判定を一元化でき、企業側の負担も従業員側の手間暇も省け、スムーズな受診が可能です。結果をデータ化し管理することで、従業員への継続的な健康サポートもおこないやすくなります。

健康診断代行サービスは、煩雑な業務を一括して任せられる

健診機関、健康保険組合、従業員とのやり取りが発生する企業の健康診断。受診手配の調整、精算請求業務、結果の管理など、様々な業務が発生する健康診断に纏わる業務負担は、担当者にとって業務のひとつといっても大変頭を悩ますものです。健康診断代行サービスなら、受診者への情報提供から予約調整、受診の促進、健診機関や健康保険組合との問い合わせ対応窓口としての役割を持っていますので、導入すれば多大な業務効率化が望めます。全国の医療機関での受診やその地域に合った巡回型健診など、受診者に利便性の高いサービスが期待できます。利用しやすければ受診率も上がり、従業員や企業の健康意識が高まると考えられますので、組織力の向上にも一役買ってくれるでしょう。健康診断管理業務を一括して任せることができる健康診断代行サービスを利用しない手はありませんね。

健康診断代行サービスなら、統一されたデータで健康管理が可能

先にも述べた通り、健診機関が異なれば結果判定も異なる場合があります。日常生活を送る上では個人の判断でどうするのか考えればよいのでしょうが、企業として従業員の健康管理をおこなう場合は、判定数値が100の人で「所見あり」と「所見なし」に分かれてしまっては困ります。健康診断代行サービスなら、その企業オリジナルの判断基準に統一した処理をおこなってくれたり、総合判断に基づくフォローなども充実しています。企業の柱となる従業員の健康状態をデータ化し、健康増進に役立て、企業内での健康格差が生じないようにすることもできます。従業員が健康でい続けることは企業も元気でい続けられるという事です。元気な体力のある企業を目指すのなら、健康診断代行サービスをぜひ活用することをおすすめいたします。

というご要望にお応えします。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 多様化する企業における健康管理の課題を解決いたします。 15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 企業や健康保険組合における健診・健康管理体制の強化及び業務効率化・IT化を支援するサービスです。 健康診断の代行ならウェルネス・コミュニケーションズにお任せを